No.97

令和4年5月15日(日)に、ツシマヤマネコの赤ちゃん1頭が生まれました。
母親は「結(ゆい)」、父親は「チョビ」で、性別は現時点では不明です。
赤ちゃんの誕生により、福岡市動物園で飼育しているツシマヤマネコは、7頭となりました。
ツシマヤマネコの飼育下繁殖については、環境省と(公社)日本動物園水族館協会が「生物多様性保全の推進に関する基本協定」に基づいて取り組んでいます。
なお、子ネコの公開については未定です。

<ツシマヤマネコの赤ちゃんの誕生の経緯>
令和4年5月15日(日)午前8時22分に、帝王切開にて出産しました。今回出産したメスは初めての出産です。
子ネコは午前8時30分に呼吸を始め、その後は母ネコの母乳を飲んだり、母ネコを探して鳴いたりするなどの行動が見られました。体重は83gです。母ネコも元気に過ごしています。
妊娠から出産にあたり、岐阜大学 応用生物科学部 動物繁殖学研究室 楠田 哲士 准教授の協力を得て、性ホルモン検査を実施しています。

文章・画像とも福岡市動物園のHPから転載。

Share:

Author: ねこりん