No.100

令和4年7月6日(水)に、ツシマヤマネコの赤ちゃん3頭が生まれました。
母親は「妃(ひめ)」、父親は「チョビ」で、性別は現時点では不明です。
赤ちゃんの誕生により、福岡市動物園で飼育しているツシマヤマネコは、10頭となりました。
ツシマヤマネコの飼育下繁殖については、環境省と(公社)日本動物園水族館協会が「生物多様性保全の推進に関する基本協定」に基づいて取り組んでいます。
なお、子ネコの公開については未定です。

<ツシマヤマネコの赤ちゃんの誕生の経緯>
令和4年7月6日(水)午後1時12分に1頭目、午後2時23分に2頭目、午後2時57分に3頭目を自然分娩にて出産しました。今回出産したメスは5回目の出産です。
3頭の子ネコは母乳を飲むなど、子ネコ、母ネコともに元気に過ごしています。

Share:

Author: ねこりん